今週は1週間(10/10-10/14)、デューク大学全体が秋休みとなる。日曜日は、Blacknall Presbyterian Church の礼拝、そして礼拝前に行われる、Sunday Schoolに参加した。それぞれの興味あるトピックごとに集まって、聖書を読み、意見の交換をする。やはり、ここでも水曜日のTable Talkと同じく、参加者の非常に活発な発言に驚かされた。

礼拝ではOrdinationが行われた。実はこのOrdination、長老派教会では、一般信徒の中で、ある一定の訓練を受けた人が、リーダーとして教会に使える際に受けるものなのだ。この Ordination を受けることにより、スモールクラス等で講師役を務める事が出来る。私が日本で所属しているプロテスタント教会では、 Ordinationは、伝道師が牧師になる時に行われる式なので、教派によって違うものだなぁと今日の経験で改めて思った。この事を解説してくれたのは、ハウスメートのクリスティーナ。

さて、10日と11日は、デューク神学部で開催された2011 Convocation&Pastor’s Schoolに参加した。これは、デューク大学の卒業生、そして牧師を対象にした2日間にわたるレクチャーシリーズ。毎年開催されるが、今年のテーマはDrawn into Scripture: Arts and the Life of the Churchである。オープニングセッションは、神学部学長がエレキを弾きながら朗々とロックを歌い上げる。内容は「There is no inspiration! 土曜日なのに何もインスピレーションが浮かばない!」日曜の説教を準備しなければいけないのに、何も頭に浮かばない!と苦悩する説教者を歌う。さすがアメリカのユーモアの受け手側は、懐が深い。会場は一気に笑いの渦に。

さてオープニングに続いては、芸術と神学とのかかわりを軸に、どのように芸術家が聖書のアイディアを作品を通じて表現しているか、また説教者は、芸術の中からどのように聖書のみ言葉を聞く事ができるのかを中心に、音楽と神学の関わりを研究されているDr. Jeremy Begbieによる素晴らしいレクチャーが行われた。

レクチャーに平行して、聖書からインスピレーションを受けたアート作品の展示販売会も行われた。スモールグループで行われるセミナーでは、ヘンデルのメサイアに焦点を当てたクラスに参加。講師は、通称チャップスと呼ばれる旧約聖書の専門家、Dr. Stephen Chapmanである。イエール神学部時代に聖歌隊に入っていた事もあり、音楽に詳しく、講義内容もわかりやすく面白かった。メサイアでは、キリストの事を語るのに、歌詞として引用されている聖書箇所の多くは旧約である。これをどのように理解し、捉えていくかという話しが中心となった。2日間のレクチャーシリーズの最後には、デューク大学音楽部の作曲科准教授Dr. Anthony Kelleyによるレクチャー、そして彼が率いるThe Blak Ensembleによるプレゼンテーションが行われた。

それにしても、石造りのデュークチャペル、そして講義が行われた会堂は、外の気温が20度以下なのに冷房が入っており、とても寒かった!温かいセーターを着込んでいたにも関わらず、予想通り風邪をひいて、水曜日のBlacknall Church でのTable Talk 3参加は残念ながらお休み。

広告